健康マッサージってどんなサービス?

ここでは、良い「健康マッサージ」についてご説明致します

>

マッサージは、いつごろできたの?

効能はゆっくり現れます

腰痛、背中や肩の張り、足のだるさのような症状には、すぐに効果が表れる場合もありますが、徐々に痛みが和らいでゆきます。
硬くなった筋肉をほぐしたり、筋肉の血行を良くするための施術が行われます。
専門性・資格をもった施術者のハンドマッサージは、筋肉の疲れを取り除き、マッサージされた部位を癒してくれますし、心地よくなります。
長時間同じ姿勢や体勢を取らなければならない方は、足がむくみ、だるくなります。
その原因は、心臓から出された血液が体に戻らず、足に水分が滞留し、むくみやだるさの原因になります。
心臓は、全身に血液を押し出しますが、下半身まで下りた血液を心臓まで戻すまでの圧力は出せません。
そこで、ふくらはぎの筋肉が血液を心臓まで戻す、手助けをします。
ふくらはぎが「第2の心臓」と言われるゆえんです。

筋肉が弱るとポンプ機能が低下する

第2の心臓、ふくらはぎの筋肉の動きが低下すると、血液の循環が悪くなり、疲れが取れません。
マッサージでふくらはぎの筋肉をほぐし、動きをよくすることは、血流を良くし、体中への酸素の供給を手助けしてくれます。
ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことでポンプの働きをします。
その動きが牛乳の乳しぼりに似ているところから「ミルキング・アクション」と呼ばれています。
ランニングやジョギングの際、運動量が増えると、心拍数が上がり、、血流量も増します。
その際ふくらはぎの「ミルキング・アクション」が心臓の血液循環を手助けをします。
ふくらはぎのポンプ機能を良い状態に維持するために、筋肉をほぐすマッサージは、有効であると思われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る